以前はよく着物姿の親子連れを見かけました。
しかし、最近はお子様が着物姿でも親の着物姿というのは少なくなりましたね。

七五三というのはお子様の支度に手がかかり、結果時間も掛かります。
ですので、これにお母さんの準備ともなるとさらに大変ですよね。

最近では着付け屋さんや出張着付けがあり、
親子の着付けを受け付けている所が多くあります。

それでも、お子様にとっては普段から着なれない服装です。
写真・お参り等の時間も、考えておかなければなりません。

それに親子とも動きにくい状況というのはあまりよろしくないですよね。

そこで七五三のときにお子さんの母親はどんな服装がいいのか、紹介したいと思います。
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

七五三といえば、やはり着物?

ようやく、我が子の七五三を迎える事ができました。
そして、神社仏閣にこれからの成長の祈願に行くわけです。
となると場所に合わせて、「着物にしよう」と考えるのは自然でしょう。

このとき注意すべきは「格を合わせること」です。
具体的にはお子様が絵馬模様のときは、お母さんは訪問着、付け下げを着て、
お子様が紋付の場合は、お母さんは色留袖、色無地紋付を着るわけです。
つまりはお子様の着物の格より1個下の格のものを着るということが重要です。

確かに七五三に振袖を着ているお母さんというのはあまり見かけませんよね。
しかし、格が低すぎるのもお子様の晴れ舞台に水を差してしまうため、考えようです。
やはり着物の華やかというのは洋服とは違った雰囲気を漂わせますからね。

ここで、もう一つ注意しなければいけないことがあります。
それはお子様との色合い。
これを間違えるとお子様が引き立つことが出来なくなってしまいます。

色合いを考える場合は、お子様が主役であるということを考え、
お子様の服装の色に合わせるということが大切です。

お子様の着物の色は赤や濃いピンク系が多いので、
母親は淡い色の赤・ピンクで合わせるというのがお勧めです。
[ad#ad-1]

七五三にワンピースが主流になりつつある!?

最近ではフォーマルなワンピースが、母親の間では人気があります。
何といっても他の行事でも汎用的に使えるというのはやはり重宝するものです。
七五三の行事の後も入学式などお子様の様々な行事が待っていますからね。

さらに、ワンピースにすることで動きやすいというメリットがあります。
やはりこの年頃のお子様は何かと動くことが多いです。
であれば、普段でも着なれているワンピースは捨てがたいですよね。

もちろんワンピースを選ぶ時も、色合いには気を付ける必要があります。
パステルカラーなどは華やかさも加わり、明るさを引き立てますのでお勧めできる色です。
他にも明るめのグレーやベージュなどもいいですね。
どれもお子様の色合いに合わせやすい色となるでしょう。

また、ワンピースの場合は出来ればコサージュなどの小物を利用して、
一段と華やかさを加えるのも良いでしょう。
ただし、あくまで、お子様の引き立て役として・・・。

ちなみに母親がワンピースの時は、
父親はジャケットまたはスーツにネクタイで問題ありません。

母親の服装が子供の七五三をより引き立たせる!?

七五三は、なんといってもお子様が今まで無事に過ごされてきた事に感謝をし、
これからの成長を祈願する行事です。

一番はお子様のことを中心に考えて行くことです。
お子様を支えるのが親の役目となります。

お子様のこれからの成長に関する行事ですので、
明るさの中に華やかさや優雅さが加える事が出来れば、
忘れられない七五三になるのではないでしょうか。