2017年6月17日放送の満天☆青空レストランの食材 オニテナガエビのお取り寄せ情報の紹介です。前回放送のイノブタも結構珍しい食材ではあったものの今回はさらに珍しさが増していますよね。

そんなオニテナガエビですがお取り寄せはできるんでしょうか?そもそも、オニテナガエビ自体あまり見たことがないだけにどんなものなのかも気になりますよね。

スポンサーリンク

青空レストランのオニテナガエビって何?本当に食べられるの!?

オニテナガエビはその名の通り、前足(正しくは第2歩脚)が長いテナガエビの一種です。実はテナガエビには

  • テナガエビ
  • ヒラテテナガエビ
  • ミナミテナガエビ
  • ザラテテナガエビ
  • ショキタテナガエビ
  • コンジンテナガエビ
  • オニテナガエビ

と様々な種類がいて、主に体の大きさや体の模様、それに前脚の形で種類が分類されます。

ちなみに今回紹介するオニテナガエビは他のテナガエビが体長10cm前後くらいであるのに対して何と30cm近くとかなり大きくなります。さすが名前に「オニ」がついているだけあって群を抜いて大きいというわけですね。

ちなみにオニテナガエビの特徴は体の大きさだけではありません。せっかくなのでここでオニテナガエビの映像を見てみましょう。

・・・とにかく「青い」ですよね。全身がちょっと白いというか、透明がかっているだけに特に前脚の青がかなり映えています。さしずめ、「青鬼」といった感じですかね。

しかし、ここで思い出してほしいことがあります。実はこのオニテナガエビが2017年6月17日の青空レストランで紹介される食材でしたよね。しかし、この見た目を見ると「食べて大丈夫なのか?」と心配になってしまいますよね。

でも、安心してください。見た目はアレでも味は保証付きなんです。特に軽く塩をふって油でさっと揚げたオニテナガエビはかなりの絶品です。初めてオニテナガエビを食べた人は相当勇気があったのでしょうが、今となっては感謝したい気分になりますね。

青空レストランのオニテナガエビはどこで食べられる?お取り寄せは可能?

実はオニテナガエビは元々日本にいたわけではありません。オニテナガエビの原産はタイ、マレーシアなどの東南アジアで、日本には食用のために持ち込まれたわけですね。

そんなオニテナガエビですが、実は日本国内のある場所一箇所で養殖しているだけなんです。それが青森県弘前市相馬地区(旧相馬村)です。相馬地区では実は「エビの釣り堀」があり、そこでオニテナガエビを釣ることができます。しかも、釣ったエビはその場で調理をしてくれるというおまけ付きです。

ですので、青森県の相馬まで行けばオニテナガエビを食べることができるのですが、気になるのはお取り寄せができるのか?ということですよね。

そこで確認してみたところ・・・、残念ながらお取り寄せができる場所を見つけることができませんでした。実はオニテナガエビはその色から観賞用として飼育されることがあるのですが、観賞用の注文についても現在は品切れでかつ入荷時期未定という状態なんですよね。

となると確実にオニテナガエビを食べる方法は現状は釣り堀、ということになるでしょうかね。と言っても釣り堀と言っても馬鹿にはできません。実はこちらのニュースにあるようにオニテナガエビの釣り堀は密かなブームになっているんですよね。

そこでここではオニテナガエビの釣り堀がある相馬まで行くルートを調査してみました!まずはもう一度弘前市相馬地区のエビの釣り堀の場所を確認してみましょう。具体的にはこちらがオニテナガエビの釣り堀がある場所です。

交通ルートとしては少し車で行くには長距離となってしまいますが、東北自動車道の大鰐弘前ICから車で25分、距離にして大体20kmくらいの場所にオニテナガエビの釣り堀がある青森県弘前市五所里見に着きます。しかし、東京からだと所要時間は8時間、とちょっと長旅になってしまいますよね。

一方、電車で行く場合でも最寄り駅が目的地からちょっと遠くなってしまうため、現地でタクシーが必要となってきます。東京駅からだと北海道新幹線で新青森まで行き、奥羽本線の秋田行で弘前駅に向かうというルートが一番分かりやすいですね。ただし、弘前駅から五所里見までは距離が10km以上あるので、徒歩は流石に厳しいですよね。

やはり、いずれにせよ移動が大変なので現地で一泊する等余裕のある予定を立てることをオススメします。

結局のところ、オニテナガエビを現地で食べるとなれば、ちょっと移動が大変そうですので、できることならオニテナガエビのお取り寄せをしたいところです。こちらについては何か新情報があればいち早くお知らせします!

以上、青空レストランのオニテナガエビのお取り寄せについてでした。最後までご覧いただきありがとうございます!