新宿区神楽坂にある毘沙門天・善國寺。

実はジャニーズの人気グループ「嵐」の聖地として
連日ファンが訪れる人気スポットなんですよね。

しかし、嵐と毘沙門天、一見するとあまり関わりがなさそうにも見えますが、
なぜ神楽坂の毘沙門天・善国寺が嵐の聖地なんでしょうか?

スポンサーリンク

毘沙門天と嵐といえばあのCM!?

毘沙門天は七福神の一人です。

最近、七福神と嵐といえばこのCMが思い浮かびますよね。

>>>嵐が七福神に扮装しているCM映像はこちら<<<

嵐のメンバーの一人、「松潤」こと松本潤さんの「きのこの山」のCMです。

七福神と松潤をかけて「七福潤」とするところまではわかりますが、
真面目に考えてみれば「七福神」と「きのこの山」との関係は特にないんですよね。

まあ、きのこの山が1975年に販売されてから40週年が経つということで
おめでたいということで七福神が登場したとのことなのですが・・・。

とはいえ、松本潤さんが毘沙門天と他の七福神に扮したCMの放送は2015年からです。

実はその前から神楽坂 毘沙門天は嵐の聖地となっていますので
理由はどうやら「きのこの山」のCMではないようですね。

※そもそも、神楽坂 毘沙門天と「きのこの山」に何の関係があるんだ?という話もありますよね。

神楽坂 毘沙門天と嵐といえばあのドラマ!?

神楽坂 毘沙門天が嵐の聖地と言われたきっかけは2007年に遡ります。

2007年といえば、今から10年近く前ということになりますね。

きっかけはフジテレビ系列で放送されていたドラマ「拝啓、父上様」です。
2007年1月~3月までの全11回、毎週木曜日の22:00~22:54に放送されたドラマです。

平均視聴率は13.2%と中々好評のドラマだったんですよね。

また、倉本聰氏が脚本を担当していました。
ですので「前略おふくろ様」「北の国から」と続く
伝統ともいえる主人公の語り口調のナレーションがかなり独特でした。

その「拝啓、父上様」の主演が嵐のメンバーの一人・二宮和也さんだったのです。
神楽坂の老舗料亭が舞台で、ドラマの中で善國寺が何回か登場しました。

書籍「嵐の聖地」でドラマのロケ地として紹介されたこともあり、
神楽坂・毘沙門天は「嵐の聖地」としてファンの間で定着化したわけですね。

善國寺には嵐だけではなく、他のジャニーズのグループ・メンバーのファンの絵馬も見かけます。

どうやらこの神楽坂・毘沙門天にはジャニーズファンの様々な思いが詰まっているというわけですね。