メンズの名刺入れで一番大事なのは正統的なものを選ぶことでしょう。
やはり目的がビジネスなので、あまり目立ちすぎるものは逆効果になる恐れがあります。

シックな名刺入れで、さりげないセンスを感じさせる名刺入れなら
相手の印象が良くなり商談も円滑に進みそうな気さえします。

新入社員におすすめしたい名刺入れはコレ!

名刺は本人を証明する大切なものですが、名刺入れもまた本人を印象づけるものです。
ですから新入社員として相応しいものを選ぶのが良いです。

例えば高級ブランドの派手なものは相手に不快な印象を与えかねませんので、
ブランド物でもあまりロゴなどが目立たない製品が宜しいと思います。

色はやはり黒が妥当です。
せいぜい濃紺か濃い茶色の物で、ベーシックなデザインの名刺入れがよいでしょう。

20代、30代、40代、50代それぞれの年代に合う名刺入れってある?

PC名刺入れは、ビジネスに携わる人にとって必須のアイテムです。
職位に応じて付き合う相手が異なりますので、一概に年代で使用する名刺入れを決められません。

ただし若い方が高すぎるブランドの名刺入れを使用したり、
逆に高齢の方が不釣り合いな名刺入れを使用したりするのは、
ビジネスの場では相手に少し違和感を与えることになるでしょう。

年代に関係なく使用できるものもありますが、
出来るだけそれぞれの年齢に相応しい色とデザインの名刺入れをチョイスするのがベストです。

私の名刺入れのこだわりのブランド

私個人の好みが入ってしまいますが、特におすすめしたいのが
ダンヒルのヨークやサイドカー、ベルグレープです。

落ち着いた色とシンプルでお洒落なデザインで、飽きのこない名刺入れです。
財布や小物入れとしても使えるので、便利ですよ。

またカルティエの名刺入れも、シックな色とデザインがお洒落で使用する満足感がありますね。

– そのほか絶対に失敗しない名刺入れの選び方はこちら!(Youtube動画) –

ビジネスの名刺入れはやはりオーソドックスなものが一番!?

名刺入れは、まず革製品であることが基本です。
革製品は、ビジネスシーンに似合う重厚感があります。
また、丈夫で長持ちで使うほどに味わいが深くなってきます。

色は黒が定番です。
鞄や靴、ベルトなども黒で統一すれば、どなたと会う時でも安心ですよね。
とはいえ濃紺や濃い茶色でも、ビジネスシーンにはマッチしますね。

デザインはビジネスで使用する際の機能性を持ち、
かつ相手に好印象を与える、さり気なくお洒落を感じさせる物が良いでしょう。

まとめ

名刺入れを使用する機会が多いのはビジネスシーン。
ですので、あまり派手なものや目立つものよりも、
シンプルで実用性に富んだオーソドックスなものがおすすめです。

黒や紺・茶色の革製が丈夫で長持ちしますが、
それでいてさりげないお洒落も感じさせるブランド物もよいのではないでしょうか。