ついこの前にお正月が終わったと思ったら、もうお盆を迎えようとしています。
一年の流れは本当に早いです。

毎年、お盆で帰省するときに悩むのが
お供えをどうしよう?
ということですよね。

スポンサーリンク

お盆のお供えの定番はやはりお菓子?

お盆のお供えは基本的には
先祖や故人にお供えをすること
を意味します。

であれば、やはり故人が生前に好まれていた品をお供え品とするのがよいでしょう。

日持ちをする菓子折りなどのお菓子などは包装もされているので、
お寺に持って行くこともあります。

お盆が済んだ後のことを考えれば、おせんべい、クッキー、お饅頭、羊羹などはお寺の方に喜ばれます。

存命の人への「お盆のお供え」って?

実家や知人などへの「お供え」は、季節の果物、お酒、花束やお土産を添えるのが良いでしょう。

しかし、お盆のお供えの定義は確か「先祖、故人へのお供え」だったはず。
だとすると、存命の人へのお供えというのは若干奇妙ですよね。

しかし、ここで重要なのは故人を敬う「心づくし」の供養をする気持ちです。
つまり故人を敬う心を共有するという意味では実家や知人へのお供えというのも正しいというわけです。

なお、お供え物の相場は2,000~3,000円位が妥当とされています。

ちなみに、実は意外とお金をお供えすることもあります。
これは、お菓子を沢山頂いたりしても、
後処理が大変だから、という理由からです。

まあ、若干ストレートすぎる感もありますが・・・。

お盆のお供えが済んだお菓子はどうすればよい?

お供えが済んだお菓子や果物等は、
お盆が終わってもそのままにしておく
というわけにもいきませんよね。

となるとやはり家族で召し上がるのがよいでしょう。

仏壇がある家では一番に仏壇にお水やご飯などお供えをしてからいただく習慣があります。
これは故人と分けて頂くことを意味しており、これで供養となるのです。

ただし、諸事情でいただく事が出来ない場合もありますよね。
その場合は白い半紙に包んでお礼の言葉を添えてからごみとして処理することになります。

お盆のお供えの品物はむき出しで大丈夫?

通常、慶事の場合は「のし」が印刷されます。

しかし、弔事の場合は「のし」は印刷されません。
これは「のし」がのしあわびの略で、「不老長寿」を意味しているからです。
この意味では弔事では使えませんよね。

そこで代わりとなるのが「掛紙」です。
お供えの掛紙の水引は一度きりの意味で結びきりを使用します。
そして色は黒白・双銀・黄白を使います。

表書きには宗旨や亡くなられた日に関係なく
仏事、献香、御仏前などのすべてに使用が出来る「御供」の使用をお薦めします。

掛紙には、表書きや名前を入れる様に気を付けて行いましょう。
ちなみに品物によっては掛紙が掛けにくい物もあります。
その場合は短冊でも問題ありません。

何よりお盆の時期だけではなく、常日頃から先祖、故人を敬う気持ちを持ち
毎日の生活を営む事が出来るのが一番の供養であることは言うまでもありません。