夏休みの宿題の定番「読書感想文」。
結構最後まで残ってしまいますよね。

どんな本を読めば良いのか?
読書感想文はどのように書き始めたら良いのか?
文章をうまくつないでいくには?
さらには他にも問題が・・・。

毎年夏休みのこの悩み、本当になんとかしたいですよね。
そこで、今回は小学生の高学年向けで読書感想文のコツを紹介したいと思います。

ただし、内容がちょっと長くなりそうなので数回に分けたいと思います。
まずは本選びからです。
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

読書感想文に使う小学生高学年向けの本の選び方は?

読書感想文の本選びのコツはこちら。

見た目で読んでみたいと思える本

やはり最後まで楽しく読める事が大事ですよね。
そもそも、本の内容がつまらなければ読書感想文のハードルはグッと上がってしまいます。
逆にいえば、楽しい本は読書感想文が書きやすいということになります。

例えば、サッカー・野球・宇宙などの興味を惹く内容の本がいいですね。

図書館や本屋さんで探している時にパッと閃いた本

読書感想文の本を探す場所は図書館や本屋さんですよね。
ここで本選びをしているときに突然直感的に気になる本が思い浮かぶことがあります。

その場合はその直感を信じてみましょう。
きっと、興味がわいている本のはずです。
[ad#ad-1]

短編・絵本が意外とお薦め!?

短編や絵本は内容が少ない分、
自分で考える部分が多くなるので大変では?
と思われがちです。

しかし、短編・絵本には奥行きがあるんです。
なので、様々な観点から読む事が出来ますよ。

その他、本選びの注意点は?

読書感想文の本を選ぶ前に必ずやっておくべきこと。
それは、まずはあらすじを確認することです。

本の内容を詳しく読まなくとも、
見出しを見ればだいたいのあらすじが書かれています。

あらすじを読んでみて興味が湧いてきた本であれば間違いないでしょう。

さて、あなたの読書感想文の本は見つかりましたか?
それではこれより、本の読み方と書き方を順に説明していきたいと思います。

>>>読書感想文がスラスラ書ける本の読み方はこちら<<<

>>>本当に自分で書いたの!?と疑ってしまうほどクオリティの高い感想文が書ける極意はこちら<<<