読書感想文の本を選ぶことができたら次にすることは
本を読むことですよね。

このとき、読み方を工夫することで感想文が書きやすくなるのであれば
ぜひその読み方を実践したいですよね。

しかし、そんな方法が果たしてあるんでしょうか?
実は、読書感想文を書きやすくなるような本の読み方はあるんです。
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

読書感想文に使う本の読み方のコツは?

本の読み方のポイントはこちらの二点です。

2回読む

えっ!?
と思った人もいるかもしれません。

当然といえば当然なのですが、
1回読むよりも2回読んだほうが話の内容をしっかり覚えているものです。

選んだ本はあなたが興味を持てる本でしたよね。
であれば、あっという間に読み終えることができているのではないでしょうか?

ここでもう一度読んでみてください。
1回目では気が付かなかった新しい発見がきっとありますよ。
[ad#ad-1]

2回読むときに工夫する

実は2回読むにはもう一つ理由があります。

それは2回目は
読書感想文を書くための記事集めをするための読み方
をするからなんです。

これを1回目にやろうとすると
本を読むことに集中できず、
2回はもちろん1回目ですら読み切れない可能性があります。

ということで1回目はざっくりと楽しみながら読みましょう。

さて、2回目ではある道具を使うことになります。
それは「付箋」です。

これを

  • 気になったところ
  • 面白いところ
  • びっくりしたところ
  • 話の展開が大きく変わったところ
  • に貼り付けていきましょう。

これをすることで読書感想文を完璧にしかも素早く書くことができるようになります。

さて、読書感想文の本、しっかりと2回読み切ることができましたか?
ではいよいよ、読書感想文を書くことにしましょう。

実はこれまでのことがしっかりできていれば感想文は意外とスラスラと書けることに気がつくことでしょう。