恵方巻きは豆まきと同じく節分には欠かせないですよね?

しかし、恵方巻きって具だくさんで具材もいいものを使っているだけあって
結構いい値段がすると思いませんか?

実は恵方巻きって手作りできるんですよ。

そこで、恵方巻きの基本を踏まえた上で
「あの」超有名料理サイトで人気No.1の恵方巻きレシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

恵方巻きの基本!海苔とお米はどのくらい必要?


まずは恵方巻きの道具と具材を揃えましょう。

恵方巻きが「太巻き寿司」である
と言うのは既にご存知ですよね。

ですので、恵方巻きの基本として以下を揃える必要があります。

  • 海苔
  • 酢飯(お米)
  • 具材

これに太巻きに巻くためのまきすがあれば太巻きを作ることができます。

具材はお好みでよいとしても、気になるのは
海苔とお米はどのくらい必要か?
ということです。

足りないのは論外だとしても、
あまり余らせてしまうのも考え者です。

そこで簡単な目安をお知らせしたいと思います。
海苔は全型サイズの焼き海苔1枚で恵方巻き(中巻き)1個と考えてください。

※海苔を切る必要はなく、1枚をそのまま使ってください。

そして、お米。
こちらは若干左右されることはあるのですが、
だいたい2合で恵方巻き3本分と考えるとわかりやすいですよね。

これに適当な具材を加えれば焼き海苔1枚で
ちょうど恵方巻き1個分が完成するわけです。

超有名料理サイトで人気No.1の恵方巻きのレシピとは?

超有名料理サイトといえばやはりクックパッドですよね。

そんなクックパッドで人気No.1の恵方巻きレシピがこちらです。

つくれぽを見るとこの恵方巻きレシピは2015年現在で10人が実践済みです。

一見すると少ないようにも見えますが、
そもそも恵方巻きはスーパーやコンビニ等で売っているものを使う家庭が多い、
ということを考えれば十分人気があると考えて良いのではないでしょうか。

レシピも海苔に酢飯と具材を乗せ、まきすで巻くだけ。



※このこの巻きすはWエンボスなので太巻きだけでなくロールケーキもできるようですね。

まあ、考えてみれば至って当たり前なレシピではあるのですが、
かなりシンプルですよね。

さすがに1000円近くするような恵方巻きを家庭で再現するとなると
具材だけで結構な値段になってしまいます。

しかし、カニカマやまぐろ味付けフレークの缶詰等具材を工夫すれば
安いからと言ってバカにはできない恵方巻きを作れます。

こちらのレシピを提供した「はやしふみこ」さんは酢飯にちょっとしたこだわりがあり、
岐阜県産のハツシモが粒が大きく、粘りが少ないので特にオススメしていますね。

今年の節分は恵方巻きを親子で手巻きで作ってみてはいかがでしょうか?