謹賀新年」と「賀正」と「迎春」。
最近では「A HAPPY NEW YEAR」という表現も使うようになりましたが、年賀状でよく見るキーワードです。
これらのキーワードのことを賀詞といいます。

スポンサーリンク

「謹賀新年」「賀正」「迎春」のうち、どの賀詞を年賀状に使っていますか?

手書きで年賀状を書く人でも、賀詞の部分については最初から印刷されている年賀状を購入したり、スタンプで済ませている人がほとんどではないでしょうか?

ちなみに私は「A HAPPY NEW YEAR!」の入った文面を年賀状作成ソフトで必要枚数分量産しています。
受け取った人には「A HAPPY NEW YEAR!」というキャラじゃないと毎年突っ込まれるのですが、全く懲りていません。

ところで何気なく使っている賀詞ですが、それぞれの意味はご存知ですか?
えっ、どれも「あけましておめでとう」じゃないの?と思った方、実はちょっと違うんです。
もちろん、回りまわって最終的にはあけましておめでとうという意味になるのですが、直接の意味が違うので実は使ってはいけない場合があります

私のようにパソコンの年賀状作成ソフトなどでおしゃれなハガキデザインをそのまま文面(裏面)として量産している方、特に要注意ですよ。
[ad#ad-top]

「謹賀新年」の意味

「謹賀新年」は「謹んで新年をお祝いします」という意味です。
これと似た表現では

  • 恭賀新年:うやうやしく新年をお祝いいたします
  • 謹賀新春:謹んで初春をお祝いいたします
  • 恭賀新春:うやうやしく初春をお祝いいたします

気がついたかと思いますが、つまりは「謹賀」「恭賀」×「新年」「新春」の組み合わせになっているわけです。

ちなみに1月って寒い冬真っ只中なのになんで「春」なの?と思った人、少なからずいますよね。
これは旧暦(陰暦)の1月が春なので「新春」としたわけです。
季節を4つ並べるとき、「春夏秋冬」といいますが、旧暦では1年が始まるとこの順に季節が流れるとしたわけですね。

「賀正」「迎春」の意味

「賀正」は「正月を祝う」、「迎春」は「新年を迎える」という意味です。
これと似た表現は、

  • 寿春:新年を祝う
  • 初春:新年、年の初め
  • 頌春:新年をたたえる

です。
また、漢字一文字で

  • 寿:おめでたいこと、祝い
  • 福:幸せ
  • 春:新年、年の初め
  • 賀:祝い
  • 禧:よろこび

と表す方法もあります。
どれも「あけましておめでとうございます」という意味にはなるのですが、これだけ違いがあるというわけですね。
[ad#ad-1]

「謹賀新年」「賀正」「迎春」を使ってはいけない場合

「謹賀新年」も「賀正」も「迎春」もどれも省略した表現なのですが、短いほど敬意を省略しているとみなされます。
例えば「謹賀新年」には「謹」が敬意にあたるわけなのですが、短い表現だとこの部分が省略されるわけですね。

かと言って短くとも敬意が入っていればよいかというとそういうわけではありません。
例えば「謹賀」だけでは何をお祝いしているのかわかりませんし、「謹正」だと正月を謹むだけでもはや挨拶とは程遠いです。
※実際に年賀状でこのような表現は使いません。

つまりは目上の人に「賀正」「迎春」を使うことは敬意を省略することになり、失礼にあたるので使ってはいけません
では逆に「謹賀新年」を目下の人に使うのはどうかというと、これは問題ありません。
確かにちょっと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが目下の人に敬意を省略してはいけないというわけではありませんし、受け取るほうも悪い気はしないはず。

ですので、「謹賀新年」については一般的に幅広く使えるということですね

最後に「A HAPPY NEW YEAR!」についてはどうか。
本人のイメージとあまりに異なると私のように毎年突っ込まれることになりますので、気にしない人は構いませんが、そうではない人は避けたほうがよろしいかと。
毎年の年賀状ですから、年賀状作成ソフトで効率よく作成しませんか?