2016年ももちろん3月になればあの行事がやってきます。
そう、ひな祭りですね。

ひな祭りの時期になると見かける豪華なひな人形を見れば
世の女子ならどうしてもテンションが上がってしまいますよね。

※ただし、ひな祭りの時期が終わったらすぐに片付けないと
今後の人生に影響を及ぼす可能性がある、というのが痛いところですが。

しかし、子供を持つ親であればこの時期になるとどうしても困ってしまうことがあります。
それは、ひな祭りの献立です。

定番はやはりはまぐりのお吸い物とちらし寿司となるわけですが、
それだけではやはり飽きてしまいます。

そんなあなたにオススメの献立とレシピを紹介します。

こんな献立もあるんだ!
と新しい発見があれば幸いです。

>>>はまぐりのお吸い物とちらし寿司がひな祭りに定番な具体的な理由とレシピはこちら<<<
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

ひな祭りのちらし寿司の食材を使えばこんな献立も可能!?レシピは?


できればちらし寿司で余った食材で一品作れれば嬉しいですよね。

となれば、寿司繋がりで以下の献立はいかがでしょうか?
※リンク先はそれぞれの料理のオススメレシピです。

見た目がちょっと変わるだけでも印象が変わりますよ。
[ad#ad-1]

ひな祭りでどうしても寿司から離れたいあなたへのオススメレシピは?

いやいや、所詮寿司は寿司でしょ?
とツッコミたいあなた。

はい、仰るとおりです。
いい加減寿司から離れたいあなたにオススメの献立もしっかり考えました。

まずはお赤飯はどうでしょうか?
色鮮やか、という意味ではお赤飯も実はアリなんですよね。

そして、華やかさという意味では料理でひな人形を作る、
というのはいかがでしょうか。

キャラ弁の応用系ということになりますね。

キャラ弁作ったことないんだけど・・・
とか
キャラ弁はちょっと苦手・・・
というあなたも
薄焼き卵、チャーハン(チキンライス)をベースで
里芋、海苔で表情をつければそんなに難しくありませんよ。

ゆで卵うずらの卵を使えば、
意外と簡単にひな人形が作れてしまうことに驚いてしまうかもしれませんね。

おまけ:ひな人形に苺のケーキはいかが?

ひな祭りといえばひなあられということになりますが、
ケーキがあるだけで一気に豪華になりますよね。

しかも、色鮮やかな赤いいちごが添えてあれば
ひな祭りを一気に盛り上げてくれること間違いなしです。

え、ケーキ?難しくない?
と思ったあなた。

実は苺ムースをベースに作れば思ったより手軽に作れてしまうんです。

今年のひな祭りはリンク先のレシピを参考に定番料理以外に
献立のバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか?