初釜とは年の始めのお茶会のことです。

茶道では初釜は稽古始めで、実は新年の季語にもなっています。
つまり特別な行事ということですね。

ところで初釜には何を着て行ったらよいのでしょうか?

よほど気軽なお茶会でなければやはり礼装が原則です。
とはいえ、じゃあ何を着ればいいのかというのは特にお茶を始めて日が浅い人にとっては非常に悩みのタネなわけです。
そこで、初釜の着物は何がよいのかについて調査しました。
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

いきなり初釜の着物の結論から

いきなり結論から言えば、一番確実なのは「先生に初釜の着物は何がよいかを聞くこと」です。
実は先生によって考え方が全く違う場合があります。
茶道ではあくまで礼装というのは原則ですが、具体的な服装については先生によるのです。

例えば、着物の紋について。
ある先生は「どんな人でも紋を入れなきゃダメ」と言いました。
一方、違う先生は「茶名もないのに紋付きなんてとんでもない」と言いました。
全く真逆ですよね。

こうなると「一般的にこうだから」という判断ではどうにもできません。
直接先生に初釜の着物は何がよいのかを聞くしかないわけですね。

しかし逆に言えばこういう先生の場合だと初釜の着物のほか持ち物についてもきちんと指示してもらえるのでそれに従えば問題ないわけです。

ただし、始めて日の浅い方とか、先生が非常に厳しい人だったりすると、ちょっと聞きにくい・・・ということありますよね?
そんな場合は、先輩に聞きましょう。
特にお弟子さんのまとめ役のような先輩に聞けばまず間違いありません。

さて、むしろ悩ましいのは「なんでも良いよ」と言われた場合です。
おおらかな先生だとよほど変な服装でなければそんなに気を遣う必要はないということなのでしょうが、場合によっては逆にプレッシャーになってしまいます。

そんな時は「一般的な常識の範囲で」初釜の着物を着ましょう。

「一般的な常識の範囲の」初釜の着物について

やはり原則は「礼装」です。
これの意味するところとしてはカジュアルすぎる服装はNGということです。
また、派手すぎる服装に関しても初釜はもちろん、その他のお茶会の雰囲気も台無しにしてしまうのでいけません。
身につけた派手なアクセサリーで大事な茶道具を傷つけるなんてもってのほかです。

ということから、まず色は淡い色目のものがよいです。
具体的には白、薄ピンク、淡黄色あたりでしょうか。

もちろん、社中(茶道のお稽古事の先生、お弟子さん)全員が少しカジュアルに近い着物を召している場合もあります。
その場合は多少派手目でも許されますが、それでも先生、先輩よりは控えめなくらいがよいです。

ちなみに着物の礼装ですが、打掛(花嫁衣装)、黒留袖、喪服などの礼装着と訪問着、振袖、色無地などの略礼装着の2種類がありますが、初釜のときはこのうち略礼装着を着ることになります。

略礼装着の中でどれか一番かと言われれば「周りに合わせるしかない」というのが結論ですが、それでは身も蓋もないのであえて一つ挙げるすれば一番無難なのは「地紋のある色無地」です。

もし、着物を持っていない場合はレンタルするという方法もあります。
着物をレンタルする場合は一般的な相場としては1週間で20,000円~30,000円くらいです。
※もちろん高級な着物であればさらに高価なものはありますが。
[ad#ad-1]

初釜に着物ではなく洋服で参加するのはNG?

最後に初釜を洋服で参加するのはダメか?ということについて触れます。
結論から言えば、特に先生がダメと言わなければ問題ありません。

ただし、なんでもよいというわけではありませんので念のため。
もちろん派手なのは論外ですが、女性の場合パンツスタイルはあまり好まれません。
となるとスカートになるわけですが、ここで注意すべきことがあります。

それはスカートの丈です。
座った時に膝や太ももが出るスカートは避けましょう。
男性にとってはもちろん、女性にとっても目のやり場に困ります。

ですのでタイトなスカートよりフレアスカートやプリーツスカートなどのちょっとふんわりしたスカートがよいでしょう。
ただし丈が長過ぎる場合、立つときにうっかり裾を踏んでしまうことがあるのでこれもよろしくありません。
大体、膝丈~膝下丈くらいの長さがよいでしょう。

洋服の場合で注意しなければいけないのが、茶室に入るときに白い靴下を必ず履くことです。
これは茶室に汚れを持ち込まないための配慮です。
実はパンツスタイルが避けられるのは裾に塵や泥がつく可能性があるからなのです。

ここまで男性の服装については全く触れていませんでしたが基本的に無地のスーツにネクタイで全く問題ありません。
着物については紋付袴以外の選択肢はありません。
間違っても着流しはダメです。