水無月は日本古来の風情ある「陰暦」の一つです。
睦月、弥生なども日本の四季を表す情緒あふれる言葉です。

ところで水無月の由来についてご存知ですか?
日本はお米の国ですから、6月は田んぼに水を引く時期になります。
ですので「水の無い月」というのは変ですよね。

実は、水無月の「無」は「の」と呼びます。
つまり「水の月」と言うわけですね。

とはいえ水無月の由来には諸説があり、
田植えを終わった月を「皆仕尽(みなしつき)」と呼び、
それが水無月になったという説もあります。

そんな6月を表す「水無月」という名前で呼ばれるスイーツ(和菓子)。
何か関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

和菓子「水無月」の由来は?

6/30に京都で「夏越の祓(なごしのはらえ)」という神事が行われます。
主に寺社では、茅(ちがや)で作った大きな輪を鳥居の下や境内に準備をします。
参拝者はこの茅をくぐり、無病息災を祈願するわけです。

室町時代の御所ではこの夏越しの祓の時に「氷室」(現在の氷販売店の事)から
氷を取り寄せて暑気払いを行っていました。
しかし、庶民にとって氷は貴重品に近かったため、手に入れる事が難しかったのです。
そこで、氷片を形どった三角形の和菓子を作ったのが「水無月」の始まりです。

この6/30にいただくことに重要な意味があるわけですね。

和菓子「水無月」の美味しいお店はどこ?

和菓子「水無月」の由来のとおり、
水無月は京都の味と言ってもいいくらいです。

そこで、京都名物の一品の美味しいお店を紹介したいと思います。
京都に行かれたら、是非行きたいのが、七条駅より徒歩4分のところにある甘春堂本店です。
1865年創業の老舗和菓子店です。
しっとりしたもっちり感と小豆のバランスは絶品です。

また、北野天満宮の近くにある「長五郎餅本店」もお勧めです。
ここも創業400年と老舗の和菓子店です。
なんと、太閤秀吉にお餅を献上したお店での有名なんですね。
こちらの水無月は小豆が少なめで甘さも控えめなので男性にも好まれています。

和菓子「水無月」って自分にも作れる!?そのレシピは?

とはいえ、
京都はちょっと遠いなぁ・・・。
という人は少なくないはず。

最近だと百貨店やそれこそスーパーでも和菓子「水無月」を購入することができますよね。
もちろん、通販でも買えることは言うまでもないですよね。

しかし、ここは思いきって自分で作ってみるのはいかがですか?

和菓子なので難しいのでは?
と思われがちですが、
実は電子レンジ等を利用して簡単に出来るんです。
挑戦する価値はありですよ。

例えば、水無月豆腐
わらび餅粉で作るので、簡単で材料費も掛からず美味しく出来ますよ。

そして、レンジで洋風水無月
なんと、水の代わりにリンゴジュースを使うという異色の水無月です。
和風の水無月とはまた変わった味が楽しめるのではないでしょうか。

和菓子「水無月」の意外な由来と意外な意味。
6月といえば1年の折り返し時点です。
この節目の神事をこれからも次の世代に受け継いでいくことに価値があるでしょう。