埼玉県秩父市。
東京からはそんなに遠くないこの場所で花の絶景ポイントがあるというのは幸運ですよね。

まず秩父路の桜は、4月上旬から中旬に見頃を迎えます。
そして桜の時期が終わっても、まだ芝桜という楽しみが残っているわけです。
そこで芝桜の見頃の時期や絶景の名所などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

秩父の芝桜の見頃の時期は何月から何月まで?

秩父の芝桜の見頃は、4月中旬から5月中旬頃です。
時期としてはちょうどゴールデンウィークの真ん中あたりが見頃のピークになります。

芝桜の開花に合わせて芝桜まつりが開かれ、特産市なども行われます。
ですから、かなりの人出が予想されます。
また、芝桜が開花している期間は入場料として\300-が必要です。

秩父の芝桜の絶景の名所はどこ?

秩父の芝桜が絶景の名所といえばやはり羊山公園の芝桜の丘でしょう。

羊山公園芝桜の丘は、秩父市の羊山公園にある秩父の春の人気スポットです。
場所は秩父のシンボルである武甲山の麓に位置しています。

芝桜は、毎年拡張増殖が行われていて、現在では40万株を超える規模にまでなっています。
近年にはテレビなどでも取り上げられており、今では秩父を代表する観光名所となっています。

秩父の芝桜の名所へのアクセス方法は?

東京方面から車で羊山公園に向かうには、2種類のルートがあります。

一つは関越自動車道で花園ICから国道140号線を利用するルートです。
こちらのルートは関越自動車道の高坂SA付近の渋滞と国道140号線の秩父市内の渋滞が予想されます。

そしてもう一つのルートが関越自動車道の鶴ヶ島ICから国道407号線、県道15号線、国道299号線と乗り継いでいくルートです。
こちらのルートは国道299号線で多少渋滞するものの、国道140号線よりはスムースです。
ちょっと乗り継ぎが面倒かもしれませんが、混雑回避という意味では鶴ヶ島のルートをおすすめします。

東京から電車で行く場合は、池袋から西武鉄道を使います。
最寄り駅は西武秩父駅か横瀬駅です。
西武秩父駅からだと1.5kmの距離で、横瀬駅からだと1.4kmの距離です。
徒歩かタクシーを使うことになりますね。

秩父で芝桜を鑑賞した後の寄り道はいかが?

せっかく秩父まで来たのですから、芝桜鑑賞の他にも秩父観光をしませんか?

近くには秩父神社や大慈寺があります。
秩父神社は、創建2000年以上という古い歴史を持つ秩父を代表する神社です。
また、大慈寺は秩父札所の10番で、参道にある特徴のある石段を登ると仁王門がある札所です。

まとめ

ピンクや白など11種類の40万株の芝桜が見られる芝桜の丘はまさに一度は見てみる価値があるほどの絶景です。
ただし、季節も穏やかな5月のゴールデンウィークに見頃のピークを迎えることで、多くの人出が見込まれます。

そのため、家族連れなどで楽しまれる際は交通のアクセスなどをチェックしておきましょう。