母の日は日本だけの習慣ではなく、
アメリカでも行われており日付は5月の日曜日と共通しています。

毎年のことながら母の日のプレゼントを何にしようかって迷ってしまいますよね。
そこで、おすすめのプレゼント及び逆にNGなプレゼントについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントでNGなものとは?

プレゼントは気持ちがこもっていれば何でもよいとはよく言います。

しかし、それでも母の日のプレゼントとしては縁起がよくないため
避けたほうがよいものがあるのも事実です。

自分の実の母であればまだよいのですが、
義理の母親ともなれば話は変わってきます。

あまり相手の性格や人柄について詳しく知らないので、
うっかりNGなものを贈ってしまい、
関係を悪くするなんてことは避けたいですよね。

以下のものについては母の日のプレゼントとしては避けるべきです。

  1. 白いカーネーション
    母の日といえばカーネーションなのですが、
    白いカーネーションは亡くなった人に贈る花とされていますのでNGです。
  2. スリッパ
    「踏みつける」とか「下に扱う」とかいう意味にとられてしまうためNGです。
  3. くし
    一見すると無難なプレゼントにも見えるのですが、
    実は「くし」で「苦」と「死」を連想してしまうことがあります。
    であれば、避けたほうがよいですよね。

母の日プレゼントのおすすめは?花以外には?

母の日のプレゼントといえば赤いカーネーションが定番で今でも人気の贈り物です。

赤だけのカーネーションではありきたり感もありますので、
ピンクや黄色を入れたものにするとか、
小さめのブーケにするなど色々工夫すればまた変わってきますよね。

ハンドクリームも意外に人気の贈り物です。
自分で高級なものはなかなか買わないので、
仕事で荒れている手に優しいハンドクリームを贈れば喜ばれること間違いなしでしょう。

普段は購入しにくいものとして
母の日に相応しいデザインのブランド物のスカーフもいいですね。

ほかには女性はやはり甘い物を好きですので、お菓子もおすすめです。
洋菓子でもいいですが、上品で食べやすい和菓子などは気がきいています。

最後にひとつ変わったものとしてフルーツビネガーという飲むお酢はいかがですか?
美味しくて健康によいので母の日のプレゼントにはぴったりですよね。
フルーツビネガーは、フルーツを発酵させたものと、後でフルーツを加えて作るものの2種類があります。
どちらも飲みやすいフルーツの風味で、意外と飲みやすいですよ。

まとめ

母の日のプレゼントで一番大事なのはやはりプレゼントの内容よりも、
本当に感謝の気持が込められているかどうかです。

プレゼントされる母の気持ちになって、一番喜びそうな贈り物を選びましょう。