喪中はがきとは家族・親族の不幸で「喪」に服しているため、
翌年の賀詞(年賀)お祝い事を遠慮したいとの旨を伝えるはがきです。

具体的には、

  • 「喪中」である事を伝える・・・自分が「喪」に服している
  • 家族・親族の誰が亡くなった事を伝える・・誰が亡くなったことで「喪」に服しているか。
  • 新年の賀詞の辞退・・・新年のお祝い事(年賀状)の遠慮をする。

これらの内容を伝えることが「喪中はがき」の目的です。

スポンサーリンク

喪中はがきは出すのはいつまで?

時期的に難しい場合もありますが、基本的には
年賀状を書く前に届く
ように喪中はがきを出せば問題ありません。

通常、12月15日頃が年賀状の受付です。
その前に喪中はがきを出すとすると、
11月中に届いている状態が望ましいです。

ここで一つ疑問が。
12月に入ってから不幸があった時はどうすればよいでしょうか?

その場合は2つ方法があります。

  • 「喪中はがき」を年賀状の代わりとして出す。
  • 1/1~1/7の期間を過ぎてから「喪中はがき」を出す。

後者に関しては寒中見舞いの時期に出すというわけですね。

喪中欠礼の範囲って何?

喪中欠礼の範囲とは
どの範囲の親族の不幸まで喪中はがきを出すべきか?
という意味です。

実は明確な範囲は決まっていませんが、
以下の基準を目安にしてみてはいかがでしょうか?

同居している家族・親族

同居している身内に不幸があった場合は、
喪中はがきを出すことを「強く」おすすめします。

別居している肉親〈両親・兄弟姉妹・子〉

成人して独立した後はこのケースがほとんどですよね。
両親・兄弟姉妹・子に関しては同居・別居に関わらず出したほうがよいでしょう。
基準は2親等と考えるのがよいです。

別居している親族〈祖父母、伯父伯母、叔父叔母、甥姪〉

ここまで来ると地域によって大きく分かれます。
祖父母に関して言えば「2親等」という範囲の中ですので
出すのが無難です。

伯父伯母、叔父叔母、甥姪となると、
さすがにそこまでは・・・
と思いきや、振興の深さによるのか喪中はがきを出す地域もあるようですね。

一般的には出さないけど、
普段から頻繁に伯父伯母、叔父叔母と交流があった
ということであれば、出しておいたほうがよいでしょう。

喪中はがきを出し忘れた!どうすれば!?

内容が内容だけにうっかり忘れた、ということだけは避けたいです。
しかし、諸事情によりどうしても喪中はがきが出せなかったということはありますよね。

そんなときは慌てずに松の内、つまり1/1~1/7の時期を外して出しましょう。
この時期なら「寒中見舞い」として出すことができます。

この場合、文面には「喪中はがき」を出さなかった理由を簡単に述べ、
お祝い事の挨拶は避けて相手を気遣う気持ちを伝えることにしましょう。