毎年、この時期になると思い出すのが「ハロウィン」です。
最近日本でもハロウィンのお祭りが定番となりつつありますよね。

昨年の東京では、賑やかに盛大に盛り上がりました。
観ていても楽しく、わくわくしてきます。

今年こそはハロウィン飾りを自作しよう!と心に決めました。

といっても大掛かりな道具を使うわけではなく
なんと折り紙で作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

折り紙のハロウィン飾りの基本はハロウィンリース!?

材料を買いに行ったお店には何種類も折り紙があり、
買い物時点から楽しみでした。

ハロウィンリースの作り方は作る前までは難しそうと思っていたのですが、
これが意外と簡単。

我ながら、「良くできた」と感心しました。
しかし、ここで問題発生。

・・・さて、どこに飾りましょうか?
ハロウィンリースの飾る場所のお薦めはお部屋のドア。
ハロウィン飾りが一層引き立ちますよ。

ハロウィンの定番といえばジャック・オー・ランタン!折り紙で作れるの?

ハロウィンで忘れてはいけないキャラクターがあります。
そう、ジャック・オー・ランタン。
かぼちゃのお化けですね。

となると、真っ先にやるべきことは
かぼちゃを買うことです。

ハロウィン用のかぼちゃはサイズも様々あります。
色も、オレンジは勿論、白もありますので、選ぶのに大変かもしれませんね。

・・・しかし、ちょっと待って下さい。
今回のテーマは
折り紙でハロウィン飾り。

今回はなんと折り紙でジャック・オー・ランタンを作ってみたいと思います。
ジャック・オー・ランタンの作り方はハロウィンリースより難易度が高そうではありますが、
順序良く作ってみると、案外簡単に折れるんです。

これは是非作ってみる価値ありです。
さらに折り紙のジャック・オー・ランタンは
とても明るく華やかさもあります。

本家のかぼちゃのジャック・オー・ランタンに決して負けていませんよ。

折り紙でこんなハロウィンキャラクターも!?

ハロウィンキャラクターはジャック・オー・ランタンだけではありません。
他にもこんなキャラクターがいますよね。

  • コウモリ
  • ドラキュラ
  • お化け
  • 魔女
  • フランケンシュタイン

折り紙は自由に折れるので、もちろんこれらのキャラクターも作れます。

また、子供達の人気者、妖怪ウオッチの人気キャラであるジバニャン、ウイスパー、ロボニャン
さらにはアンパンマンやジブリキャラなども子供達でも作れるんです。
親子で一緒に作れば、楽しく和みますよね。

折れた時の達成感は、なんとも言えない感慨深いものがありますよ。

出来上がった折り紙のハロウィン飾りは、
どこにもない、世界で一つの折り紙の「ハロウィン」になります。

心の中に、記憶に残る大きな思い出となること間違いありません。