日本でお正月にお餅を見ない人はまずいないでしょう。

元旦からおしるこやお雑煮を食べ、お供え物としても鏡餅がありますから。
もちろんそのまま焼いて醤油と海苔で食べたり、きな粉にまぶして食べる方法もありますよね。

お正月にお餅を食べる習慣はなんと平安時代まで歴史が遡ります。
お餅はよく延びるので、長寿を願うという意味で食べられていたわけですね。

今回注目したいのはおしるこです。

とても甘いのでカロリーが心配ですが、実際のところはどうなのでしょうか?
[ad#ad-top]

スポンサーリンク

おしるこの材料からカロリーを計算

おしるこの材料は人によって色々と違いますが、ここは仮に以下の材料を使って1人分のおしるこを使ったとしましょう。

  • 切り餅 : 1個
  • あずき(乾) : 30g
  • 上白糖 : 小さじ2杯(10g)

うちのおしるこの材料と違う!と思った方、大丈夫です。
材料が極端に違うとかでなければそんなにカロリーは変わりませんので。

まずは餅は100gあたり235kcalです。
切り餅1個が大体50gくらいですので、120kcal位と考えるのがよいでしょう。

あずき(乾)は30gだと102kcal、上白糖は小さじ2杯だと38kcalです。

結果として、
120+102+38=260(kcal)
となります。

ちなみに切り餅の代わりに丸餅を使った場合は、丸餅1個が30g程度となるので70kcalくらいです。
白玉だと1個で白玉粉25gと計算して90kcalですね。

すると大体おしるこ1杯で250~300kcal程度とかんがえるとよいでしょう。

これだけだとよくわからないので、参考までに他のお菓子を例に挙げると

  • ショートケーキ 1個 : 約340kcal
  • 板チョコ 1枚 : 約350kcal

明治ミルクチョコレートパズル 047081 〔f9cy-no45z〕【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

※これは「パズル」ですので食べられません。

ですので、おしるこはそんなにカロリーが高いわけではないんですね。

ただしあくまでお餅は1個だけ。
お餅の数が増えればその分(70~120kcal)カロリーが増えますので、要注意です!!

おしるこのカロリーの他に気にしたいところ

おしるこというとカロリーばかりを気にしがちですが、実は栄養素にも注目したいところです。

以前、日本人はわずかですが亜鉛が不足しています、というお話をしました。
実はお餅から亜鉛分を摂ることができることをご存知ですか?

お餅には炭水化物はもちろん、その他にも銅、亜鉛、マンガンが含まれています。
お餅100gあたり

  • 亜鉛 : 1.4mg
  • 銅 : 0.22mg
  • マンガン : 0.81mg

以前の日本人の亜鉛不足のお話では一日に必要な量に比べて不足している量が成人男性は1.1mgで成人女性は0.8mgほどでした。
つまりおしるこ1杯で亜鉛不足解消にかなり貢献できますね

ただし、この場合不足分を完全に補うには切り餅2個分必要となるので、ここはカロリーとの勝負ということですね。
[ad#ad-1]

カロリー0のおしるこ?これなら問題なし!?

しかしそれでもカロリーが心配、という方やはりいらっしゃいますよね?
実はカロリー0のおしるこがあるんですよ。

遠藤製餡ゼロカロリーおしるこ(マンナン角餅入り)145g 6個入 [HOTデザート]【楽ギフ_のし】【RCP】

なぜ、カロリー0なのかと言うと2つの理由があります。

  1. 餅はマンナン(こんにゃくの成分)を使用
  2. 甘味は砂糖を使わず甘味料を使用

つまり、これで0kcalを実現しているわけです。
どうしてもカロリーを摂りたくないあなた、一度お試しになってはどうでしょう?