子供のむずむず脚症候群についての記事です。むずむず脚症候群自体症状は分かっているものの肝心の原因についてはよく分かっていないので治療が大変ですよね。そんな病気にもし子供がかかってしまったら困ってしまいますよね。

そもそも、むずむず脚症候群は子供でも発症するのでしょうか?仮に子供でもむずむず脚症候群にかかるとして大人のそれと何か違いはあるのでしょうか?

>>>むずむず脚専用マッサージクリームならこちら<<<
スポンサーリンク

むずむず脚症候群って何?命に関わることも!?


むずむず脚症候群(むずむずあししょうこうぐん)はその名前の通り、脚がむずむずとする状態が慢性的に続く状態を指します。と、これだけだと人によっては大した症状には見えないのですが、具体的な症状を見ればかなり深刻な疾患であることがわかります。

実際にはこのむずむず脚症候群の症状はじっとした姿勢や横になったりしているときに多く発生します。主に脚の部分を中心にじっとしていられないほどむずむずしたり、強い痒みを感じたりします。

むずむず脚症候群は症状が重くなると、むずむずの範囲が脚から背中、腕や手にまで広がります。その一方で痒みが激しい痛みに変わることもあります。こちらの痛みの症状はかなり辛く、実際にむずむず脚症候群で痛みを感じる患者さんに話を聞いたところ、以下の症状があるとのことでした。

  • 針で刺されたような痛みが走る
  • 体の中をアリやミミズなどの虫が這っているような不快感を感じる

聞いているだけで本当に痛くなりそうな症状ですよね。これだけでむずむず脚症候群が如何に辛い状態なのかは分かるのですが、実は問題はこれだけではありません。

最初にむずむず脚症候群の症状が最も出やすいのがじっとした姿勢や横になったりしているときとお話したかと思いますが、このタイミングが非常に問題なのです。つまりは睡眠に入ろうとするときにむずむず脚症候群の症状が強く出るというわけです。

こんな状態では寝たくても寝られないのは言うまでもないですよね。となると不眠状態となり、昼間に強い眠気に襲われるようになります。つまりは「睡眠障害」になります。結局、この不眠状態が強いストレスになって、「うつ病」にかかってしまう人もいるほどです。

そうなれば最悪自分で命を落としてしまうことも十分あり得ますよね。それだけにむずむず脚症候群ってかなり恐ろしい病気とも言えるわけですね。

むずむず脚症候群は子供にもかかる?大人との違いは?

基本的にむずむず脚症候群は大人、特に高齢の人がかかりやすい病気です。かと言って子供はかからないかというとそういうわけではなく、幼児、小学生、思春期の子供にもかかることがあります。

子供の場合は、大人とは違い、「成長期」がむずむず脚症候群に関係します。実はむずむず脚症候群にかかる原因の一つに鉄の不足が挙げられているのですが、成長期に伴いこの鉄分が不足することってありがちなんですよね。

また、子供の場合は大人とは違い、むずむず脚症候群と判定するのが結構難しいんです。先程むずむず脚症候群の症状が原因で寝付くことができないという話はしましたが、じゃあ、子供の寝付きが悪いのがむずむず脚症候群が原因か、といえばそんなわけはないですよね。

子供が寝付かない、または寝付けない理由は他にも色々とあり、病気ではなく単なる生活習慣から来ているものもありますから、むずむず脚症候群の判別が大人のそれよりかなり難しいというわけです。

こればっかりは普段からお子さんの様子をよく見てください、としか言えないわけです。

子供がむずむず脚症候群に掛かったらどうすればよい?薬を使わない裏技が存在する!?

一番大事なのは子供の普段の生活習慣をケアし、むずむず脚症候群にかからないようにすることです。しかし、そうは言ってもそれでも子供がむずむず脚症候群がかかる可能性はゼロではないんですよね。

そうなってしまえば根本的な治療は薬物療法ということになるのですが、実は最近薬を使わないむずむず脚症候群の治療方法が登場しました。それがサプリメントを使った治療法です。といってもこちらは飲むサプリではなく、塗るサプリです。それがこちらのHQLスムージングマッサージクリームです。

もちろん、薬に比べれば即効性には負けてしまうところはありますが、副作用を気にしないでいいというのは一つのメリットですよね。実際にこのクリームを使って、足のムズムズが消えたという話も聞きます。

もし、むずむず脚症候群に悩むようでしたら、一度お試しいただくのもよいかもしれませんね。以上、子供のむずむず脚症候群について、でした。