下仁田町のCMが話題になっていますね。

しかし、このCM実は自虐CMなんです。

とはいえ、CM自体はネガティブな内容ではなく、
むしろ逆に下仁田町に行きたくなる、ともすれば住みたくもなる
という不思議なCMです。

一体、どんな内容なんでしょうか?

スポンサーリンク

逆に下仁田町に観光したくなる、住みたくなる自虐CMの内容とは!?

下仁田町のCMは冒頭からいきなり
歩いても人もまばら
とどう見てもPRになっていないフレーズから始まります。

その後も「何もない町」「他にもあるよ あるはずだよね」とか
どことなくネガティブなキーワードが盛りだくさんです。

しかし、不思議なことにこのCMにマイナスなイメージは感じません。
むしろ、逆に下仁田町に行ってみたくなりますよね。

その理由はやはり、

  • 曲の雰囲気がポップであること
  • 住民が楽しそうに踊っていること

なんでしょうかね。

下仁田町の自虐CMを歌っているのは誰?メイキングビデオも!?

映像を見れば思わず口ずさみたくなる下仁田町の自虐CMソング。

そして、歌っている人の声の良さが印象的です。
やはりプロのアーティストなんでしょうかね。

一体下仁田町のCMの歌を歌っているのは誰なんでしょうか?

調べたところ、CMの制作していたのは映像制作 MEMORYCOLORであることが判明しました。

http://youtu.be/iweQkWfbFDo下仁田町移住定住PRムービーで使用している曲に関して「下仁田町にあんな曲があったの?」「誰が歌ってるの?」など色々なご質問を頂き、特に役場のYouTubeチャンネルでは曲に関しての記載…

映像制作 MEMORYCOLORさんの投稿 2015年12月23日

曲名は「オー・下仁田」で、
このCMソングを歌っているのは「あつし」という人であることが分かりました。

恐らくMEMORYCOLORのメンバーの一人でしょうか。

※まさかEXILEのATSUSHIさん、ということはないとは思いますが・・・。

この「オー・下仁田」という歌ですが、なんと実はメイキングビデオもありました。

※声が違うのは、こちらの映像で歌っているのは
「あつし」さんではなく、「Kenji Kobayashi」さんだからです。

MEMORYCOLORは群馬県の映像会社で他にも群馬のPR映像を数多く手がけています。
実はMEMORYCOLORの公式ページも「すごく小さな映像屋」と若干自虐キーワードが入っています。

今回の「オー・下仁田」自虐CMと通じるものがありそう、と感じるのは私だけですかね?