シュガースクラブって知っていますか?

簡単に自宅でも作れてお肌にも優れ物です・・・。
そう、なんとアトピー症状が治ったとも言われているんですよね。

しかも材料はどの家庭にありそうな物です。
分かりますか?

実は「砂糖」なんです。
砂糖の成分が皮膚に浸透して、
さらにはオイルによって乾燥した素肌に細菌が入ることを防いでいるのです。

スポンサーリンク

シュガースクラブの作り方は?

実はシュガースクラブは誰にでも簡単に作ることが出来ます。

  1. 蓋つきの容器に、砂糖:オリーブ油を1:1の割合で入れて軽くかき回す。
  2. お好みでアロマ精油、はちみつを少し加えて完成。

どうですか?簡単でしょう?

はちみつを入れる事によって、保温性を引き出してくれる性能をうまく活用していますよね。

だから、赤ちゃんにはもちろん、
乾燥肌の人にも特にシュガースクラブの利点が活かされる事に繋がっていくわけです。

シュガースクラブはどのように使用するの?

乾燥をしている箇所に、シュガースクラブを馴染ませるように付けていきます。
1~2分間馴染ませたら、ティッシュペーパーなどでふき取りましょう。
パックをした感じでしっとりとした肌になっている事でしょう。

また、材料が砂糖ですので、間違って口にしても安心ですので
赤ちゃんにも気兼ねなく使用する事が出来ますよね。

本当に子供に使っても大丈夫?スキンシップ効果も!?

アトピー肌の子供に使うことについて例外は否定できませんが、ほぼ大丈夫と考えられています。

赤ちゃんの肌は2ヶ月を過ぎると、お母さんからもらった免疫が無くなってきます。
ですからその時からシュガースクラブを優しく馴染ませてあげれば、
赤ちゃんの肌が乾燥するのを防ぐ事が出来ます。

また、赤ちゃん、子供には、マッサージを通して、スキンシップが取れます。
一段と家族の繋がりが強く成ることも利点になりますね。

実は砂糖自体にも傷を治す効力があります。
ですので、シュガースクラブはより効果が発揮できるのではないでしょうか。

なんとお風呂上がりには、その効果がてきめんに現れる実態が分かってきました。
保湿性にも優れていますので、洗顔はもちろんのこと、シャンプー前に、頭皮を洗うようにするのもいいですね。
そう、すべてに使用が出来るのです。
簡単に作れて、ツルツルとした肌が待っています。

実際に塗ってみませんか?
きっとその効果を実感する事、間違いありませんよ。