暑中見舞いは、1年中で最も暑い時期に知人や友人を気遣って、
知人・友人宅を訪問することや知人・友人に手紙を出すことです。

最近では、家を訪問するのは相手の迷惑になる場合もありますので、
暑中見舞いに家を訪問することはめったにありません。

現在は、暑中見舞いの手紙を出すことが一般的な風習になっていますが、
暑い時に、涼し気なデザインのはがきで暑中見舞いをもらうのはやはり嬉しいですよね。

暑中見舞いの時期や上司に暑中見舞いを出す場合の注意点、
返事をいつまでに出せばよいかなどについて、ご紹介します。

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

暑中見舞いの時期については、色々な説があります。

  • 小暑の7月上旬から立秋の8月上旬まで
  • 立秋前の土用の時期
  • 梅雨が明けてからの時期

考えられるだけでこれだけあるんですよね。

暑中見舞いの本来の目的が暑さ厳しい中での安否伺いですから、
梅雨が明けて夏らしくなった頃から立秋前頃を目安に
暑中見舞いを出すのが無難でしょう。

立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えて、8月中に出すのが一般的ですね。

友人の暑中見舞いと比べて上司への暑中見舞いの文面はどこに気をつけたらよい?

上司に出す暑中見舞いといっても、特別な手紙というわけではないです。

ただ、出す時期や文面には気をつけたほうがよいポイントがあります。

まず時期についてですが
8/7の立秋を境にそれまでが暑中見舞い、それ以降は残暑見舞いとなります。

暑中見舞いの最初の文章は、少し大きな字で「暑中お見舞い申し上げます」で問題ありません。

次に、「連日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」などの相手の様子を気遣う内容になります。
それから自分の状況を伝え、「おかげさまで、家族全員元気に過ごしております。」などの文章を続けます。

最後に、

まだ暑い日々が続くと思いますが、お体には十分お気をつけ下さい。今後とも宜しくお願い致します。

と相手の健康を思いやり、最後に日付を書いて終了です。

後は上司への暑中見舞いですから、言葉遣いに注意をする、というくらいでしょうか。

暑中見舞いの返事はいつまでに出せばよい?

暑中見舞いをいただいた場合は、やはりなるべく早く返送するのが礼儀でしょう。
遅くても1ヶ月以内には返送したほうがよいです。

本来暑中見舞いや残暑見舞いは暑さを気遣う挨拶ですから、
暑さが過ぎて涼しくなってから出すのは、やはり変ですよね。

返送する場合は、上司への暑中見舞いで触れたことと同様で
8/7の立秋を境に暑中見舞いと残暑見舞いに使い分けましょう。

暑中見舞いや残暑見舞いの文章はもちろん、
いただいたお礼の内容をぜひ盛り込みましょう。

最後に 暑中見舞いの思い出

ここ数年特に夏はどうしようもなく暑いですよね。
そんなときの暑中見舞いは、本当に嬉しいんですよね。

夏の暑い盛りに友人や知人から届く気遣いの暑中見舞いは、
一服の清涼剤のような爽やかな気分をもたらしてくれる効果があります。

ですので上司に暑中見舞いを送った場合には、上司から喜んで頂ける場合がほとんどですので、
その後の上司との良好なコミュニケーションが期待できるのではないでしょうか。

日本ならではの貴重な習慣として活用したいですね。