子どもの入学式というのは親にとっては大切なイベントです。

小学校、中学校については法律で「教育を受けさせる義務」(義務教育)が定められています。
ですので、その義務教育のスタートだから儀式という意味で入学式が重要というのも一理あります。

しかし、あなたは法律で決められているから仕方なく入学式に行くのですか?

むしろ子どもに思い入れがあればあるほど、「うちの子本当に大丈夫なのかしら?」といった不安を持ちつつ、「しっかりと子どもの背中を押してあげなくちゃ」、そんな気持ちで入学式に参加するのではないでしょうか。

入学祝いは子どもへの思い

入学式への思いは両親に限らず、近い身内にとっても同じこと。
昨日までヨチヨチ歩きだったと思っていたあの子が入学か」と思えば何か入学祝いをしたいという気持ちも湧いてきます。

特におじいちゃん、おばあちゃんにとってみれば入学式は孫の晴れ舞台です。
入学祝いはもちろんのこと、可能であれば入学式で見届けたいという思いもあるはずです。

ここで考えたいのが入学祝いのお返しです。
何をお返しすべきかということはもちろん、そもそも入学祝いのお返し自体が本当に必要なのか?という疑問もあります。

そこで入学祝いのお返しについて調査してみました。

入学祝いのお返しって本当に必要?

結論から言います。
本来の意味では入学祝いのお返しは実は不要なんです。

入学祝いとは親へのお祝いではなく、子どもへのお祝いです。
ですので、入学祝いのお返しというのは子どもから贈り物をするということになります。

ある程度、子どもが大きくなって独立している、というなら話は別ですが、小学校に入学したての子どもに贈り物を願う人っていますか?
感謝の気持ちだけで十分でしょう。

と考えれば入学祝いのお返しって本当はいらないんですね。
もちろん、お礼の手紙(礼状)を送るのは問題ありません。
文例についてはこちらで確認ができます。
子どもの直筆であればさらに喜ばれますね。

入学祝いのお返しを贈る場合と注意点

ただし、これは入学祝いというのは近い身内の中で行ったという前提です。
近い身内であれば、贈り物なんて堅苦しいものは特に不要ですよね?ということです。

しかし友人や会社関係の人からお祝いをもらった場合はそうもいきません。
最近だとインターネット等で贈り物も気軽にできるようになったので、結構友人や会社関係の人から入学祝いのお祝いが来るケースも増えてきました。

この時ばかりは何も返さないというわけにもいかないので、何か贈り物をしたほうがよいです。
ただし、この場合気をつけるのは贈り物の種類というよりお返しを贈る時期です。

入学祝いを頂いてから1ヶ月以内にお返しをするようにしましょう。
お返しの贈り物はこちらで⇒アンティナ ギフトスタジオ

入学祝いのお返しを何を贈るべきか

「半返し」という暗黙のルールがあります。

ただし、実際は頂いたお祝いの三分の一~半額くらいが目安です。
必ず半額という意味ではありませんので念のため。
あくまでお返し以上の高価なものを贈るのはルール違反という意味が「半返し」には込められています。

また、贈り物のルールですが必ずのし紙は付けましょう。
表書きの上の段には「内祝」、下の段には子供の名前を書くのが正しいです。

また、水引は紅白の蝶結びで、のしありの印刷があるものを使ってください。

具体的には

マルアイ 祝のし紙 A4 厚口 N ノイ-N1A4


このような印刷がされているのし紙です。