2/14のバレンタインデーの1ヶ月後にやってくるのが3/14のホワイトデーです。
バレンタインデーにもらうチョコは義理であっても悪い気はしないもの。

ただし、ホワイトデーのお返し目当てでバレンタインデーに義理チョコを渡す女性も中にはいて、あまり下手なお返しをすれば後が怖い・・・。
そう考えると非常に頭が痛い問題ではあります。

恋人同士のホワイトデーのお返しプレゼントは気合いが入るけど・・・

恋人同士であればこんな特別イベントで二人の雰囲気を盛り上げる絶好のチャンスなのですが・・・。
そんな悩みを解消するためにホワイトデーの基本を踏まえた上で人気のあるお返しのプレゼントを紹介します。

ホワイトデーのお返しの習慣っていつからなのか

実はホワイトデーの習慣は欧米にはありません。

バレンタインデー自体はヨーロッパから伝わったものなのですが、これに昭和40年代に日本のお菓子メーカーが目を付けてバレンタインデーにもらったものにお返しをする日を作ってはどうかというで始まったのがホワイトデーの始まりです。

なぜホワイトなのかというと、「白(ホワイト)には幸福を呼ぶ、縁起が良いという意味がある」ということで白いお菓子を返す日でホワイトデーとしたわけです。

この白いお菓子はキャンディ、マシュマロ、そしてホワイトチョコレートを指しています。
ですのでまずはこの3つのお菓子がホワイトデーのお返しの基本としておきましょう。
※最終的にお返しに迷ったらこのどれかにすれば無難ということですね。

ホワイトデーのお返しの相場ってどれくらい

「バレンタインデーのお返しは3倍にして返すのが礼儀」と言われた時期もありましたが、これはあくまで何十年も前のバブルのときの話です。
真に受けて本当に3倍のものを返してしまうと一部の特殊な方を除けば逆に気を使わせてしまうことになります。

ですので、特に義理返しについてはもらった品物の金額と同程度かほんの少し上乗せする程度(1.2倍程度)で全く問題ありません。
たとえお返しを受け取った際に相手の女性に不満そうな表情をされても周りの人もその程度のものしか返していないと考え、気に病む必要はないですよ。

ホワイトデーのお返しに人気のある品物を選ぶには

義理返しの一番人気はクッキーだそうです。
確かにそんなに高価なものを望んでいるというわけではないですね。

しかし、ここでいきなり決めずにまずは一度デパートの地下に足を運んでみましょう。
ホワイトデー特集のお菓子を見ると変わり種のものも結構置いてあります。
その中で期間限定のものを見つけられればちょっと進んだお返しにすることもできます。

ただし、あんまり気合を入れすぎると3倍返しのときと同じく相手が引いてしまうこともあるので、バレンタインデーにもらった品物の価格との比較となるでしょう。
※同程度のものであれば、十分にアリです。
洋菓子シュゼット公式オンラインショップ

一番確実なのはバレンタインデーに他にもらったメンバー間で集まってプレゼントを揃えることでしょう。

例としてはバレンタインデーに渡した数人の相手からホワイトデーにお返しがあったのですがその品物が全員色違いのハンカチだったそうです。
ちょっとオシャレな演出ですよね。