3/16は「十六団子(じゅうろくだんご)の日」です。

※以前十六団子は「じゅうろうだんご」と呼ばれていましたが、
現在の読み方としてはどちらでも正しいです。

具体的には春が来て山から下りてきた田んぼの神様を迎えるために
16個の団子をお供えする日です。

とはいってもなぜ「十六」で「団子」なのか気になりますよね。

そこで十六団子の由来について調査してみました。
すると、16という数字に日本ならではの深い意味が隠されていることが判明しました。

スポンサーリンク

十六団子の由来その一 なぜお団子?

十六団子に限らず、日本の行事にはお団子を使う風習が多いですよね。

有名なところだと花見団子や月見団子でしょうか。

何か関係するのかな?と思い調べてみたところ、
団子が使われるのは偶然の一致
と考えたほうがよさそうであることが分かりました。

※月見団子は満月に見立てていたり、
花見団子はかの豊臣秀吉がお茶会で始めたのがきっかけだったり結構バラバラなんですよね。

ただし、団子そのものに関しては唐の時代に中国から伝わったのがきっかけです。

十六団子の「団子」の由来に関して言えば、
その作り方が大きく関係しています。

今は機械で何でもできてしまう時代ではあるのですが、
昔は杵で臼を叩いて作っていました。

このときのゴンゴンという音が
山の神様を村や里へお迎えするための合図
となったわけです。

十六団子の由来そのニ なぜ16?「十六」という数字がかなり深い!?

日本では「十六」という数字は縁起のよい
かなり特別な意味を持っていることが分かりました。

その由来にはいくつかの諸説があるのですが、
ここでは代表的なものを幾つか紹介します。

白い亀と16の関係とは?歴史を変えてしまった!?

和漢三才図会(わかんさんさいずえ)には16の日に
年号が変わるほどのおめでたい日だったということが記述されていました。

具体的には848年6月16日(旧暦)、朝廷にある希少なものが献上されました。
それは何と白い亀でした。

「白蛇様」という言葉はたまに耳にすることはありますが、
白い亀というのもかなり珍しいですよね。

当時も非常に話題となり年号が「嘉祥」に変わるほどでした。

通常はみかど(天皇陛下)の交代のタイミングで変わる年号ですので、
「白い亀」の献上という出来事がいかに大イベントだったかということですね。

和菓子と16の関係とは?まるで恵方巻き!?

室町時代から始まった「嘉定(嘉祥)喰い(かじょうぐい)」という風習があります。

具体的には
陰暦の6月16日に16個のお餅を無言で食べ、無病息災を祈願する
という風習です。

何となく恵方巻きの風習に似ていると思ったのは私だけでしょうか?

そのきっかけは848年のことでした。
当時悪疫を追い払うために賀茂神社へ16個の和菓子を祀ったことから始まり、
いつしか16の和菓子を食べる風習へと変わっていったわけです。

その他にも「十六善神」「十六観」では十六は仏教でも重要な数であると書かれています。

普段、何気なく触れている「16」という数字。
十六団子をきっかけに意外な深イイ話を知ることができました。