大掃除の時期でないとなかなか着手できないものは多々あります。
その中の一つに挙げられるのが窓掃除です。

大掃除の前にも窓掃除はできないことはないのですが・・・

どうしても手が付けられずに気がつくと年末まで先延ばしにしてしまうのが窓掃除ですよね。

しかし年末になると急に冷え込み、外は寒いですしこれに水拭きとなるとさらにつらいです。
暖かいうちにやっておくんだったと思っても後の祭りです。

ただしここでやらなければ汚れは貯まる一方で最悪生活に支障をきたすおそれもあるわけなので、なんとか大掃除に窓掃除を効率的にこなせる方法を調査しました。

ここでは窓掃除で特に厄介な問題のある2箇所を解決したいと思います。

窓の細い溝の掃除を楽にする方法

大掃除の窓掃除の厄介な問題その一、それは窓のサンと細い溝です。

特に汚れがたまりやすく、見ると真っ黒。
しかも雑巾で拭いても隅々までは届かないので完全に綺麗にするのに気が遠くなりそうになり、中途半端なところで諦めがちになってしまうところです。

ここで細い溝の掃除によく使われるのが使い古しの歯ブラシです。
なるほど、確かに窓の隅々まで掃除できそうな感じはしますね。

しかし、ここであえて歯ブラシは使いません。
代わりに使うもの。それは食器洗い用のスポンジです。

もちろんそのまま使っては隙間の掃除に向きませんので、ちょっと加工します。
どうするかというと、カッターで2cmくらいのサイの目に切ってください。

あとはこれに軽く水を付けて溝を滑らせるだけです。
すると、なんと細い溝や窓のサンがきれいになるではありませんか。

あえて歯ブラシを使わなかった理由は、歯ブラシのほうが確かに汚れを浮かせるにはよいのですが、結局これを雑巾で拭くなり、水で流すなりする必要があるので一手間かかってしまうんですよね。

これがスポンジなら汚れを浮かした上にさらにその汚れを拭き取ってくれるのでまさに一石二鳥なわけです。
ちょっと勿体無いかもしれませんが、一回拭く毎に使い捨てすれば常に綺麗なスポンジで掃除できるので窓の細い部分の掃除が捗ること、間違いなしですね。

窓の網戸の掃除を何とかする方法

もう一つ大掃除の窓掃除で厄介な問題があります。それは網戸の掃除です。

窓のようにしっかりと拭き取ることができず、どうしてもムラになってしまいがちです。
ここで使うのが、ウェットシート付きのワイパーです。

【最大500円OFFクーポン配布中】花王 クイックルワイパー クイックルワイパー 1本 通販 (T4)

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 32枚入 楽天 通販 (T4)[405141127]

これで網戸を拭き取ると雑巾の水拭きに比べてそんなに力を入れなくともぐんぐん汚れを拭き取ってくれます。
網戸の内側→外側の順に拭けばウェットシートを効率よく使うことができます。

これだけでも今までより窓掃除が楽になるのではないでしょうか。

他にも窓掃除で効率よく簡単に出来る方法があれば第二弾として紹介いたしますので、そのときまでお待ちください。